自己破産

自己破産

 

借金をゼロにして人生の再スタートを

 

自己破産で借金をゼロ

自己破産は、任意整理や民事再生とは違って借金をゼロにしてしまう手続きです。

そのため自己破産の手続きでは、裁判所借金をゼロにすることを認めてもらう必要があります。
(法律用語では免責を受けるといいます。)

 

 

自己破産で借金ゼロを保証します!

 

自己破産で借金ゼロを保証します!

当事務所では、自己破産の手続きをして裁判所から免責を勝ち取ることができなければ一切報酬はいただきません!

なぜなら、自己破産の依頼を受けたにもかかわらず、借金をゼロにして依頼人の人生の再スタートのお手伝いができなければ、それは依頼人の借金問題を解決したことにはならないからです。
自己破産の手続きにおいて裁判所から免責が受けられないケースはほとんどないのですが、たくさんの自己破産の申し立ての中には免責を勝ち取るのがとても難しいケースもあります。
しかし、そんな不本意な結果にならないためにも、債務整理一筋に築き上げてきた当事務所の借金解決へのノウハウのすべてを使い、裁判所から免責を勝ち取るために全力を尽くします。

 

長年の経験とノウハウを元に、当事務所が必ず解決へと導きます!
小林信之介事務所の実績と自信を信じて、まずはご相談ください。

 

借金ゼロを保証の詳細についてはこちら 

 

 

 

特別な割引制度をご用意しています。

 

東日本大震災で被災された方、母子家庭、生活保護を受けている方または年金受給者の方など、借金でお困りの方には特別な割引費用で手続きをお受けしていますので、ご相談の際にお申し出ください。 

 

特別割引制度の詳細についてはこちら

 

 

 

借金を解決して、ハッピーな笑顔を取り戻そう!借金解決の職人が、あなたを安心な生活へ導きます。

自己破産の手続きが向いているケース

 

1

 

現在、決まった収入がなく返済の目途がたたない

 

2

 

決まった収入はあるが借金の額が大きくて返済の目途がたたない

 

3

 

借金の額は少なくても母子家庭や年金生活などのように経済的に大きな改善が望めない

 

その他、めぼしい財産を所有していないこと
(自動車や不動産などの高額な財産を所有している場合は借金の免除と引き換えに処分されてしまいます。)

自己破産の手続きが難しいケース

 

1

 

現在の収入に対して借金の額が少なすぎる

2

 

借金の内容のほとんどがギャンブルや浪費の場合

 

その他、自動車や不動産などの財産を所有していて手放したくないケース

任意整理、民事再生との比較検討

 

1

不動産や自動車などの財産を所有していて手放したくない(自己破産×、任意整理○)

(自己破産では借金の免除と引き換えに財産を処分する必要がありますが、任意整理では財産を処分する必要がありません。)

 

2

保証人に迷惑をかけられない(自己破産×、任意整理○)

(自己破産はすべての借金が対象になりますが、任意整理では手続きする借金を任意に選択できるので、保証人が付いている借金を除いて手続きすることが可能です。)

 

3

借金の内容のほとんどがギャンブルや浪費(自己破産×、任意整理○、民事再生○)

(自己破産は借金の内容が浪費やギャンブルだと免責が受けられないケースがありますが、任意整理と民事再生の手続きは借金の内容に影響されません。)

 

4

借金の中に会社からの借り入れがあり会社に知られたくない(自己破産×、任意整理○)

(自己破産はすべての借金が対象になりますので、会社からの借り入れがあると会社に知られてしまいますが、任意整理では手続きする借金を任意に選択できるので、会社からの借り入れを除いて手続きすることが可能です。)

自己破産のメリット、デメリット

 

自己破産のメリット


1

 

すべての借金がゼロになります。借金に苦しんでいた状況から借金のない新たな生活をスタートできます。

 

 

自己破産のデメリット


1

 

7年程度の期間ローンやクレジットの利用ができなくなります。

 

2

資格の制限があります。弁護士、司法書士、税理士などの士業、保険の代理人や宅建主任者などは一定期間資格の利用ができなくなります。

自己破産の間違ったイメージ
世間では自己破産について誤解されていることが多いようです。
ここでは一般に誤解されているイメージをまとめてみました。あなたも自己破産のことを勘違いしていませんか?
誤解その1
自己破産をすると財産はすべて処分されてしまう
実際は
最低限生活に必要な家財道具や衣類などは処分の対象になりません。また現金も99万円までであれば手元に残すことができます。

 

誤解その2
自己破産をすると海外旅行に行くことや引っ越しができなくなる
実際は
不動産を所有しているケースだと不動産の処分が決まるまでの間は海外旅行や引っ越しができなくなりますが、通常の自己破産のケースでは海外旅行や引っ越しの制限はありません。

 

誤解その3
自己破産をすると会社を解雇されてしまう
実際は
法律的には解雇できません。しかし、会社や同僚に知られてしまうと会社に居づらくなってしまいます。自分から言わなければ会社に知られる可能性は少ないのですが、自己破産をする際は万全を期して当事務所で手続きをしましょう。

 

誤解その4
自己破産をすると選挙権がなくなってしまう
実際は
自己破産をしても選挙権はなくなりません。

 

誤解その5
自己破産をすると住民票や戸籍に記載されてしまう
実際は
自己破産をしても住民票や戸籍に記載はされません。

 

誤解その6
自己破産をすると新聞に載ってしまう
実際は
一般の新聞ではなく、国が発行している官報という特殊な新聞に載ることになります。ただし、官報は一般の方が購読するものではありませんので、官報から破産の事実が知られる可能性はほぼないでしょう。

 

誤解その7
自己破産をすると一生ローンやクレジットの利用ができなくなる
実際は
一生ではありません。一般的に7年程度の期間はローンやクレジットの利用ができなくなります。

 

誤解その8
自己破産をすると子供の就職に影響がある
実際は
自己破産の影響は本人以外に及ぶことはありませんので、子供の進学、就職、結婚などに影響することはありません。また、家族に借金の支払い義務が及ぶこともありません。

自己破産の費用

 

通常の自己破産の場合(出張の場合は別途、交通費と日当がかかります。)
着手金     0円
手続き費用  22万2千円
裁判所費 1万5千円前後
※ご依頼後から借金がゼロになるまでのトータルの金額です。

 

※リストラなどで職を失った方が次の職に就くまでの期間、自己破産の費用の支払い開始を据え置くことができます。
また、家族がいる方で借金がゼロになっても家計の状況がとても厳しい方には、通常の自己破産の料金から最大10万円を値引きした料金で手続きをお受けすることができる場合があります。
詳しくは直接お問い合わせください。
※小林信之介事務所は借金で苦しんでいる状況から、借金のない健全な生活に戻っていただくために各種手続きの依頼を受けています。
借金の整理はしたものの、依頼人がその手続き費用の支払いに追われないように、家計の状況に合わせた余裕ある費用の支払い計画を提案いたします。

 

特別な割引制度をご用意しています。
返済に追われない、安心して送れる生活を一緒に取り戻しましょう!
特定割引制度対象の方

 

 

本当に解決できるの?手続き費用の支払いが心配?大丈夫です!心配はご無用です!的確な解決方法を提案!費用のご負担も低額に抑えます!First of allまずは小林信之介事務所に相談してください!

 

借金を解決して、ハッピーな笑顔を取り戻そう!借金解決の職人が、あなたを安心な生活へ導きます。

自己破産での解決例

 

 

自己破産の解決例ケース1

小林信之介事務所

●会社をリストラされたことで、月々の返済が不可能に。(Bさん 会社員/32歳・男性)

 

学生時代に作ったクレジットカードのキャッシングがきっかけになり、お金が足りなくなる度にいろいろなカードを作ってしまい、少しずつ増えてしまった借金も気が付くとかなりの額まで膨らんでしまいました。
なんとか自転車操業で返済を続けてきましたが、会社をリストラされたことで完全に返済ができなくなってしまいました。
収入がないので費用が支払えないとあきらめていたところ、小林信之介事務所ではある程度の期間であれば費用の支払いを待っていただけるとのことなので、実際に自己破産の手続きをお願いしました。
2ヶ月程度の就職活動で、なんとか次の就職先が決まり、依頼後は返済をストップしていただいたので、費用の支払いも順調に進み、無事に免責も受けられて新たな生活をスタートすることができました。

消費者金融

借金額

A社 約80万円
N社 約50万円
P社 約40万円
L社 約50万円
O社 約40万円
合計 約260万円
毎月の返済額 約9万円

 

消費者金融

借金額

A社 0万円
N社 0万円
P社 0万円
L社 0万円
O社 0万円
合計 0万円
毎月の返済額 0万円

 

Bさんの手続き後の感想
自己破産の解決例ケース1

 

 

 

自己破産の解決例ケース2

小林信之介事務所

●母子家庭のUさん、特別割引制度で人生をリセット(Uさん 主婦/27歳・女性)
離婚前から続いている借金の返済なのですが、もともと楽天的な性格でそのうち何とかなるだろうと気楽に考えていました。
しかし、夫の浮気による離婚後はパートの収入のみになってしまったことで、借金はいつまでたっても減らない状況が続いていました。
まだ小さな子供の将来のことを考えると借金を何とかしなければいけないと考えるのですが借金整理の手続きをお願いする費用など支払えるはずもなく、何もできない日々が続いていました。
ある日、インターネットで検索をしていたところ、母子家庭の方に特別な割引制度があるという小林信之介事務所のホームページを見つけました。
これだと思い、すぐに相談をして事情をお話しすると、小林信之介先生は割引制度を適用したとても低額な費用で自己破産の手続きを快く引き受けてくれました。


消費者金融

借金額

P社 約40万円
M社 約30万円
M社 約40万円
O社 約20万円
S社 約20万円
合計 約150万円
毎月の返済額 約4.5万円

 

消費者金融

借金額

P社 0万円
M社 0万円
M社 0万円
O社 0万円
S社 0万円
合計 0万円
毎月の返済額 0万円

 

Uさんの手続き後の感想

 

自己破産の解決例ケース2

 

 

 

自己破産の解決例ケース3

小林信之介事務所

●任意整理で借金を整理したのに、その支払いが不可能に。(Oさん 会社員/41歳・男性)
借金はかなり以前からあり、月々の返済には困ってはいたものの、なんとか自転車操業でやりくりをしながら返済を続けてきました。
1年半ほど前にインターネットの検索で見つけた法律事務所に借金のことを相談し、給料も30万円あるのならば任意整理がいい解決方法だと提案され実際に手続きをお願いしました。
月々の返済は11万円にまで減らすことができたので、なんとか支払いを続けていたのですが、冠婚葬祭などのやむを得ない出費が重なった時から計画通りの返済ができなくなりました。
債権者からも電話での催促が来るようになり、どうにもならない状況になった時に友人から小林信之介事務所を紹介されました。もう藁をもつかむ思いで相談をすると、小林信之介先生はそういった高額の返済計画を立ててもほとんどのケースで途中から支払いが難しくなるので、Oさんのようなケースだと最初から自己破産の手続きで解決しますとお話しをされました。
わたしは1度任意整理をしてしまうと他の手続きはできないと勘違いしていたのですが、小林信之介先生は自己破産の手続きで、迷路に迷い込んだような私の借金問題をあっさりと解決してしまいました。


消費者金融

借金額

N社 約120万円
P社 約180万円
O社 約90万円
合計 約410万円
毎月の返済額 約11万円

 

消費者金融

借金額

N社 0万円
P社 0万円
O社 0万円
合計 0万円
毎月の返済額 0万円

0さんの手続き後の感想

 

自己破産の解決例ケース3

 

借金を解決して、ハッピーな笑顔を取り戻そう!借金解決の職人が、あなたを安心な生活へ導きます。

 

コンテンツ


自己破産のQ&A

 

Q1自己破産とはどのような手続きですか?
A1自己破産は所有している財産を失う代わりに借金をすべて帳消しにする手続きで、借金超過で苦しんでいる人を救済するために国が作った制度です。自己破産の手続き後に新たに得た収入や財産は本人が自由に使うことができますので、自己破産の手続きは、ご自身の生活を十分に立て直すことができます。

 

Q2自己破産にはどんなメリットがありますか?
A2すべての借金がゼロになります。借金に苦しんでいた状況から借金のない新たな生活をスタートできます。

 

Q3自己破産にはどんなデメリットがありますか?
A37年程度の期間ローンやクレジットの利用ができなくなります。また、資格の制限がありますので、弁護士、司法書士、税理士などの士業、保険の代理人や宅建主任者などは一定期間資格の利用ができなくなります。

 

Q4自己破産をするとすべての借金が帳消しになるのですか?
A4自己破産をして免責を受けると原則としてすべての借金が帳消しになります。しかし、税金のような公租公課、養育費や扶養義務による支払債務、損害賠償債務や罰金などは免責されません。

 

Q5自己破産をするとすべての財産が処分されるのですか?
A5されません。最低限生活に必要な家財道具や衣類などは処分の対象になりません。また現金も99万円までであれば手元に残すことができます。

 

Q6夫が自己破産をした場合に家族に借金の返済義務はありますか?
A6ありません。家族であっても自己破産をした本人の保証人になっていなければ借金の支払い義務はありません。たとえ債権者から家族あてに請求があったとしても、それに応じる必要はありません。

 

Q7自己破産の家族への影響はあるのですか?
A7ありません。自己破産の影響は本人以外に及ぶことはありませんので、家族への影響はまったくありません。また、親の自己破産が子供の進学、就職、結婚などに影響することはありません。

 

Q8自己破産をするとローンやクレジットが一生利用できなくなるのですか?
A8一生ではありません。信用情報機関に自己破産をした事実が登録されるので、7年程度の期間はローンやクレジットの利用ができなくなりますが、この期間を過ぎれば再び利用できるようになります。

 

Q9自己破産で免責が認められない場合はありますか?
A9あります。借金の原因がギャンブルや著しい浪費の場合は免責が受けられない場合があります。この場合、程度にもよりますが借金の内容に影響を受けない任意整理や民事再生で解決する場合もあります。

 

Q10自己破産をすると携帯電話の通話料金も免責されますか?
A10携帯電話の通話料金も他の借金と同様に免責されますので、支払い義務はなくなります。ただし、通話料金の滞納があると新たに契約を結ぶことができない場合がありますので、その場合にどうしても新たな契約を結びたければ滞納した通話料金を支払う必要があります。

 

Q11自己破産をすると海外旅行に行けなくなるって本当ですか?
A11不動産などの高額な財産を所有しているケースだと、その財産の処分が決まるまでの間は海外旅行に行くことができなくなりますが、通常の自己破産のケースでは海外を含めて旅行の制限はありません。

 

Q12自己破産をすると引っ越しができなくなるって本当ですか?
A12海外旅行と同じで、不動産などの高額な財産を所有しているケースだと、その財産の処分が決まるまでの間は引っ越しをすることができなくなりますが、通常の自己破産のケースでは引っ越しの制限はありません。

 

Q13自己破産をすると選挙権がなくなるって本当ですか?
A13いいえ!自己破産をしても選挙権、被選挙権などの公民権に影響はありませんので、投票することもできますし、立候補することもできます。

 

Q14自己破産をすると年金がもらえなくなるって本当ですか?
A14いいえ!自己破産をしても年金の受給権には影響はありません。自己破産の後も同じように年金の受給がされます。

 

Q15自己破産をすると戸籍や住民票に記載されるって本当ですか?
A15いいえ!戸籍や住民票には自己破産したことは記載されません。

 

Q16自己破産をすると新聞に載るって本当ですか?
A16一般の新聞ではなく、国が発行している官報という特殊な新聞に載ることになります。ただし、官報は一般の方が購読するものではありませんので、官報から破産の事実が知られる可能性はほぼないでしょう。

 

Q17自己破産をしたことが会社や友人に知られてしまいますか?
A17自分から言わなければ会社や友人に知られる可能性は少ないでしょう。しかし、もし会社や同僚に知られてしまうと会社に居づらくなってしまいますので、自己破産をする際は万全を期して当事務所で手続きをしましょう。

 

Q18自己破産をすると会社を解雇されるのですか?
A18法律的には自己破産をしても解雇することはできません。しかし、会社や同僚に知られてしまうと会社に居づらくなる可能性がありますので、自己破産をする際は万全を期して当事務所で手続きをしましょう。

 

Q19ローンが残っている商品は処分されるのですか?
A19商品のローンが残っている場合は、その商品の所有権がローン会社に留保されている可能性が高いと思われます。そうであればローンの残額を少しでも回収するために、商品を引き揚げてしまう可能性があります。ただし、すでに価値がなくなっているような商品は引き揚げられないケースもあります。

 

Q20自己破産をすると所有している自動車は処分されてしまいますか?
A20所有している自動車にローンが残っているかどうかで判断が異なってきます。
まず、所有している自動車にローンが残っている場合には、ローン会社に所有権を留保されていると思われますので、自動車はローン会社に引き揚げられてしまう可能性が高いでしょう。
次に所有している自動車にローンが残っていない場合には、自動車の価値が20万円を超える場合のみ原則として自動車は処分されることになります。
所有している自動車をどうしても手放したくない場合は、手続きをする上で財産を処分する必要のない任意整理で借金の整理をするという方法があります。

 

Q21自己破産をすると所有している不動産は処分されてしまいますか?
A21価値が20万円を下回る不動産はほとんどないと思いますので、原則として処分の対象になります。しかし、住宅ローンを組んでいる場合の不動産については、住宅ローンの返済を続けることが可能であれば、住宅ローンを除いた借金のみを整理することができる民事再生の手続きでマイホームを維持しながらその他の借金を整理することが可能です。

 

Q22自己破産をすると保証人に請求がいきますか?
A22自己破産はすべての借金が対象になりますので、借金の中に保証人が付いている借金があれば、その保証人に対し請求がいくことになります。この場合にどうしても保証人に迷惑をかけたくないのであれば、整理をする借金を任意に選択できる任意整理で、保証人が付いている借金を除いて他の借金のみを整理するという方法があります。

 

Q23自己破産をすると生命保険は解約しなければなりませんか?
A23一般的な生命保険の場合には解約した場合に戻ってくる解約返戻金があります。その解約返戻金の額が20万円を超えてしまうと原則として保険を解約しなければなりません。

 

Q24自己破産をすると将来受け取るはずの退職金はどうなるのですか?
A24まだ、退職していない場合であっても退職金見込額は財産と判断されます。
しかし、まだ支払われていない場合だと、将来退職金を受け取れるかどうかは現時点では確実ではないので、退職金見込額の8分の1の金額が財産としての価値と判断されます。
ですから、退職金見込額の8分の1の金額が20万円を超える場合には、退職金見込額の8分の1に相当する金額を支払う必要があります。

 

Q25自己破産をすると滞納している賃料も免責されますか?
A25他の債務と同じように滞納している賃料も免責されることになります。しかし、滞納している賃料を支払わないと賃貸借契約を解除されて、現在の住まいから立ち退かなければならないので、自己破産後も住み続けたい場合には滞納している賃料を支払う必要があります。
また、自己破産の手続き中でも賃料を支払い続けることに問題はありません。

 

 

 

本当に解決できるの?手続き費用の支払いが心配?大丈夫です!心配はご無用です!的確な解決方法を提案!費用のご負担も低額に抑えます!First of allまずは小林信之介事務所に相談してください!

 

借金を解決して、ハッピーな笑顔を取り戻そう!借金解決の職人が、あなたを安心な生活へ導きます。

 

コンテンツ



 
自己破産 任意整理 民事再生 過払い金返金 手続きの費用